中古買取市場とは


パソコンアメコミフィギュアは、今なおコレクターも多くブームになっていることから、中古買取市場でも活発に取引されています。高く売れるコツはやはりどこで売るのか専門店をしっかりと見極めることです。その際には、インターネット査定などを利用するとよいでしょう。

アメコミフィギュアを高く買取りしてもらうコツはいくつかあります。まずは細かいところも含めてほこりがないかしっかりと掃除をすることです。さらに、パーツや付属品を完備しておくことも重要です。汚れや折れ、欠損があると金額がダウンしてしまいます。

また、アメコミフィギュアを買取してもらう際には、一点だけではなくなるべくまとめて買取してもらうことで、より高く買取ってもらうことができますし効率的です。また、アメコミフィギュアを査定してもらうタイミングですが、やはり売るタイミングは新しければ新しいほどよいでしょう。

アニメ化や映画化の際に、そのシリーズのアメコミフィギュア市場が高くなることもありますが、やはり基本的には新しいフィギュアのほうが高く売れる傾向にあります。そのため、家で使っていないアメコミフィギュアがある場合は、なるべく早めに査定依頼だけでもしてみるとよいでしょう。

(参考サイト)買取コレクター


アメコミフィギュアの進化


フィギュアアメコミフィギュアは、アメリカン・コミックスの進展とともに進化を遂げました。バットマンやスパイダーマンなど日本でもおなじみのキャラクターに加え、それ以外の実に様々なキャラクターのフィギュアが生み出されています。

90年代のアメカジブームの中、フィギュアを持っていることそれ自体がステータスとなり、部屋の壁をフィギュアで埋め尽くすように飾ることがトレンドとなり、ファッション雑誌でも特集されるほどでした。多くのフィギュアが遊んだり飾ったりする複数の用途を持つのに対し、アメコミフィギュアはそれ自体を収集したり飾ったりするために使われました。

特にバットマンシリーズは好評で、精巧な作りとバリエーションの豊富さが多くのファンを夢中にさせていました。バットマンシリーズはダントツで人気なのですが、スポーンやスパイダーマン、X-MENなどのキャラクターのフィギュアも所持されています。

日本のフィギュアでしたらヒーローがほとんどですが、アメコミフィギュアでいえば、デスストロークやリバース・フラッシュなどといった悪役のフィギュアもあります。バットマンやスーパーマン、アローやフラッシュと同じくらい多くの人に愛されています。


アメコミ作品フィギュア


アメコミとは、アメリカン・コミックスの略であり、連続した物語で作られていることからアメリカ発祥の芸術とまで言われています。そのジャンルは幅広いですが、特にフィギュアとして人気があるのは、スーパーヒーローものです。1950年代後半から1960年代にかけてはテレビなどで放映したことからアメリカ国内でもブームになりました。

キャラクター日本でもアメリカン・コミックスがブームになったのは、80年代のバブル景気の時です。90年代前半からビンテージブームになったこともあり、アメコミを見る人も増え、フィギュアを所持する人も増えてきました。その後、アメコミブームはいったん落ち着きを見せるものの、2000年以降にまた流行ります。

2000年以降は、特にアメリカン・コミックスの映画がブームになったこともあり、アメコミフィギュアも所持する人が増えてきました。2002年公開の「スパイダーマン」、2005年からスタートしたバットマンの3部作、「バットマンビギンズ」「ダークナイト」「ダークナイトライジング」などです。ほかにも、アロー、フラッシュといったテレビドラマシリーズの日本上陸もありました。

このようなアメコミ映画ブームから、アメコミフィギュアも流行したのです。


アメコミ作品のフィギュア


アメリカの漫画作品の総称をアメリカン・コミックスといいます。そのアメリカン・コミックスのことをアメコミといい、数少ないアメリカ発祥の文化として多くの人に愛されていました。それはコミックやアニメ、映画というだけでなくフィギュアにしても同様です。

サラリーマンアメコミのフィギュアは、フィギュア収集コレクターなどから高い支持率を得ています。特に、未開封のフィギュアで部屋の壁を埋め尽くすように飾ったりすることがブームになっていました。特に、このようなアメコミフィギュアのなかでは、バットマンシリーズが人気でした。バットマンはもちろんのこと、トゥーフェイスやゴードン警部などサブキャラクターも人気になっています。最近ではスパイダーマンやアベンジャーズシリーズなどのフィギュアも支持されています。

アメコミのフィギュアのバリエーションは多く、高額なものでは、6分の1スケールなどのものもありますし、実際のアニメやコミックスで見たものと変わらない精巧な作りであることも人気の理由の一つです。そのため、中古フィギュア買取市場でも高く支持されていることは言うまでもありません。

場合によっては10000円を超すような高価買取を実現している専門店もあります。特に2000年以降、アメコミ映画がヒットしたことから最近でもファンに見直されてきていること、さらには技術の進化で精巧なフィギュアが実現したことなどからその中古市場もますます活発化しています。